【プロが教える】自宅で作るカフェオレを、ワンランク上の味にするポイントは?

料理・グルメ By - GLUGLU編集部 更新:

※写真はイメージ

自宅でコーヒーやカフェオレを飲むと、ほっとひと息つけますよね。

「できれば、お店で出てくるような味を家でも楽しみたい」と感じている人も多いのではないでしょうか。

YouTubeチャンネル『UCCコーヒーアカデミー』では、自宅でできるカフェオレの作り方を紹介。以下の動画で、カフェオレがおいしくなるプロの技を学んでみましょう!

教えてくれるのは、コーヒーの技術・知識のスペシャリストである村田果穂さん。

材料は、細挽きのコーヒー豆12gとミルク200㎖です。

ポイントは、ミルクの温度を60~70℃の温度帯にすることなのだとか。

この温度帯にすることで、ミルクの甘さをより感じられるようになるといいます。

また、ミルクと混ぜた時にもきちんとコーヒー感を出すためには、少なめの量のお湯を、ゆっくりと淹れるのがポイントです。

動画では、お湯の量は60ccでした。お湯をゆっくりそそぐことで、お湯と豆が触れている時間が長くなり、よりコーヒーの成分が抽出されるそうですよ。

完成したカフェオレを試飲した村田さんは、「コーヒーとミルクの一体感をしっかり感じられる」「おいしい」と感想を述べていました。

また、実際に村田さんの方法で作ってみた視聴者からも「ミルクの甘さが際立っており、バランスもよくておいしかった」という声が寄せられています。

次に自宅でカフェオレを作る際には、プロの技を取り入れてみてはいかがでしょうか。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

UCCコーヒーアカデミー

UCCコーヒーアカデミー

  • チャンネル登録者数:2万7400人
  • 再生回数: 318万607回
関連ワード
UCCコーヒーアカデミーコーヒー

この記事をシェアする