ご飯のおかわり必至! 一度食べたら戻れない『漬け目玉焼き』って知ってる?

料理・グルメ By - GLUGLU編集部 更新:

※写真はイメージ

値上がりして気軽に買えなくなってしまった卵。目玉焼きが朝食の定番メニューだったのに、少し登場回数が減ってしまったという人も多いかもしれません。

せっかく目玉焼きを食べるなら、もはやただ焼くだけではもったいない!ちょっとひと手間かけて、卵のおいしさを存分に味わってみてはいかがでしょう。

12年間飲食店を経営する投稿者・こうせいさんが、経営手法や料理レシピなど役立つ情報を投稿しているYouTubeチャンネル『飲食店独立学校 /こうせい校長』。

2023年5月に公開された動画では、ご飯が止まらなくなるという『漬け目玉焼きのユッケ』のレシピを紹介しています。

ご飯泥棒すぎる!『漬け目玉焼きのユッケ』

まずはユッケだれを作っていきます。たくさんのニンニクの皮を簡単に取る方法、安定した切り方など、下処理をイチから丁寧に分かりやすく紹介しているのはプロならでは。料理初心者でもチャレンジしやすいのではないでしょうか。

また、意外と知らない人も多い『みりん』と『みりん風調味料』の違い、『濃口醤油』と『たまり醤油』の違いなども勉強になりますね。

卵白にも、とろっとした『濃厚卵白』、水っぽい『水溶性卵白』という2つの部分があることも初耳な人は多いかもしれません。

油を入れたフライパンを熱し、ボウルに割っておいた玉子をゆっくり入れて焼いていきます。

まずはフタをせず、『水溶性卵白』のフチの部分がこんがりときつね色になるまで中火で火を入れましょう。最初からフタをしてしまうと、卵黄に火が入りすぎてしまうとか。

フチがきつね色になってきたら、やけどに注意しながら水を入れてフタをし、弱火で火を通します。

程よくフチがカリカリで黄身がプルプルになったら、ユッケだれに漬ければOK!複数個の目玉焼きを焼いて漬けておきましょう。

できたてを食べても、少し味がなじんでから食べても、違ったおいしさが感じられますよ。

熱々のご飯の上に目玉焼きを乗せて、お好みでユッケだれと黒コショウをかけたら『漬け目玉焼きのユッケ丼』の完成です!

ご飯が何杯あっても足りなくなってしまいそうですね。あなたも、とびきりおいしい卵の味わい方を試してみてはいかがでしょうか。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

飲食店独立学校 /こうせい校長

飲食店独立学校 /こうせい校長

  • チャンネル登録者数:89万2000人
  • 再生回数: 1億3087万8990回
関連ワード
飲食店独立学校 /こうせい校長

この記事をシェアする