おいしいトウモロコシを見分ける3つのポイント おたま1杯で茹でる方法も

料理・グルメ By - GLUGLU編集部 更新:

スーパーマーケットで青果担当をしていた、ぱるとよさんのYouTubeチャンネル『ぱるとよの料理チャンネル』。

夏はトウモロコシの時期ですよね。

基本的には、火を通してから食べるので、手間がかかって面倒と感じるかもしれません。

ぱるとよさんは、おたま1杯の水でトウモロコシをゆでる簡単な方法と、おいしいトウモロコシの見分け方を紹介しています。

おいしいトウモロコシの見分け方は?

ぱるとよさんは、おいしいトウモロコシを見分けるポイントをこのように話していました。

・朝採れのトウモロコシかどうか。
・ひげ根が多くて、茶色くなっているか。
・皮がみずみずしくて、緑色が濃いか。

ひげ根は、トウモロコシの粒の数と等しいといわれています。またひげ根が茶色くなっていると、トウモロコシが完熟しているサインなのだとか。

トウモロコシを2本ゆでる時は、おたまで入れた水が沸騰してから中火で片面を3分加熱、ひっくり返して再度3分加熱が目安です。

1本ゆでる時は、水が沸騰してから片面を3分加熱、ひっくり返して再度1分加熱が目安となります。

サイズや本数によって、加熱時間は調整しましょう。

光熱費も節約できる、トウモロコシのゆで方。

『ぱるとよの料理チャンネル』では、おいしいトウモロコシの食べ方を紹介した動画もあります。

トウモロコシの季節を思う存分堪能してくださいね!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

ぱるとよの料理チャンネル

ぱるとよの料理チャンネル

  • チャンネル登録者数:1万4300人
  • 再生回数: 509万5291回

この記事をシェアする