「どこやったっけ…」 栓抜きがなくてピンチ!そんな時はコレで代用して

ライフハック By - GLUGLU編集部 更新:

※写真はイメージ

キンキンに冷えたビール瓶やコーラを冷蔵庫から出して開けようとした時、「栓抜きが見つからない!」ということはないでしょうか。

ハウスクリーニングなどでおなじみの、くらしのマーケットが公開している公式YouTubeチャンネルでは、独自で順位付けした『栓抜きの代用品ランキング』を紹介しています。

家にあるもので意外と簡単に開けられるようですよ!

動画はこちら

知って得する!栓抜きの代用品ランキング

これならいざという時に焦らなくて大丈夫!栓抜きの代わりに役立つ、開けやすいアイテムを順に見ていきましょう。

※写真はイメージ

第5位 A4用紙

多くの家庭にある、A4用紙。ペラペラの紙でどうやって栓を抜くのでしょうか。

まず、A4用紙を折り目の部分が硬くなるまで折りたたみます。細長くなるように折ると、握りやすくなるそうですよ。

折り目部分をフタの下に引っかけて、瓶を握った手を支えにしてフタを上に押し上げると…スポン!

A4用紙さえあればできるので、手軽ですよね。しかし、かなり力がいるので男性のほうが開けやすいかもしれません。

第4位 カラビナ

登山道具の1つである、カラビナ。最近ではバッグに付けたり、ベビーカーに付けたりと日常で使う人も多いアイテムですよね。

そんなカラビナを瓶のフタにしっかり引っかけ、テコの原理でフタを上に引き上げると…スポン!アウトドアの時などにも活躍してくれそうです。

第3位 スプーン

どの家にもきっとある、スプーン。どうやって栓を抜くかというと…。

上向きにしたスプーンをフタの下からねじ込みます。瓶を握った手を支点にして、フタを上に押し上げると…スポン!

身近にあるスプーンなら、誰でもマネできそうですね。ただ、意外と力がいるので、支点となる手を傷めないように注意してください。

第2位 ベルト

日常で着用している人が多いベルトも、栓抜き代わりになるとか。

ベルトのバックルをフタの下に引っかけ、テコの原理でフタを上に引き上げると…スポン!ベルトなら家でも外出先でも近くにあることが多いので、手軽で嬉しいですね。

第1位 マイナスドライバー

『栓抜きの代用品ランキング』でくらしのマーケットが第1位に選んだのは、マイナスドライバー。

こちらもやり方は簡単です。ドライバーをフタの下に回しながらねじ込みます。ある程度ねじ込めば、徐々にフタが外れてスポン!

フタの下にドライバーをねじ込むだけなので手順がシンプルで、力もいらず女性でも簡単に開けることができるといいます。

勢いでフタが飛んで行ってしまうことがあるので、周りを確認して開けるようにしてくださいね。

意外なもので代用できる栓抜き。あなたも栓抜きが見つからなくてピンチな時に参考にしてみて下さいね。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

くらしのマーケット

くらしのマーケット

  • チャンネル登録者数:2万5400人
  • 再生回数: 2479万163回
関連ワード
くらしのマーケット

この記事をシェアする