『焼肉のタレ』余ってない? ロバート馬場が作る『絶品ナス料理』が激ウマ!

料理・グルメ By - GLUGLU編集部 更新:

※写真はイメージ

夏頃から旬を迎える、ナス。炒めても、焼いても、煮込んでもおいしい、万能野菜ですね。

YouTubeチャンネル『馬場ごはん〈ロバート〉Baba’s Kitchen』では、『焼肉のタレ』を使って手軽に作れる『ナスの煮浸し』のレシピを紹介しています。

いつもナスを冷蔵庫に常備していながら、「レパートリーが広がらない」とお悩みの人、必見ですよ!

ロバート馬場の『大葉ナスの煮浸し』

材料はナス、大葉、焼き肉のタレといった、いつも家にあるもので作れるのが嬉しいですね。

馬場さんいわく、ナスは冷蔵に弱いので、手に入れたらすぐに使い切ることがおすすめだそうです。

「ガクのトゲがしっかりしていて、身がパンっと張っているものがいい」という、おいしいナスの選び方も参考になりますね。

まず、トゲに注意しながらヘタを切り落とし、水洗いしたら半分にカット。さらに縦半分に切ったら、斜めに切り込みを入れていきます。

こうした隠し包丁を入れることで、味が染みこみやすく、ジューシーに仕上がりますよ。

フライパンにナスを入れ、油を回し入れて全体に絡めます。油は少し多めのほうがおすすめだそうです。

ナスがとろとろになるまで中火で焼き、その間に保存容器に大葉を敷き詰めましょう。漬けダレには『焼肉のタレ』を使うので、一発で味がキマりますよ!さらに酢の酸味でさっぱりしますね。

あとは、熱々のうちにナスと大葉をミルフィーユ状に重ねていき、漬けダレに浸したら、冷蔵庫で2~3時間冷やして完成!

とろとろになったナスと、さわやかな大葉の香り、深みがあってさっぱりした漬けダレが相まって箸が止まりません。

ご飯のおかずにはもちろん、お酒、そうめんなどの薬味としても大活躍です。染みこむほど味が濃くなるそうなので、自分好みの味を見つけてくださいね!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

馬場ごはん〈ロバート〉Baba's Kitchen

馬場ごはん〈ロバート〉Baba's Kitchen

  • チャンネル登録者数:123万人
  • 再生回数: 1億598万8800回
関連ワード
ナスロバート馬場裕之

この記事をシェアする