お茶漬けの素の意外な使い道 チャーハン専門チャンネルが教える『ヤバい炒飯』がこちら

料理・グルメ By - GLUGLU編集部 更新:

おかずがない時や、白飯に飽きてしまったら作りたい、チャーハン。しかし、いつも同じチャーハンの味だとつまらないですよね。

YouTubeチャンネル『チャーハン道場』は、なんとチャーハン専門チャンネル!家にあるものを使って、さまざまなチャーハンのレシピを紹介しています。

基本のチャーハンの作り方

まずは、基本のチャーハンの作り方から見てみましょう。

下準備をしたらビールをグビッと飲んで気合い注入!

チャーハンにはラードを使うことで、コクが出ておいしくなるといいます。

卵は溶かずに、そのまま投入していました。その理由は、あえて不ぞろいな大きな形で炒めることによって、食感や味にばらつきを作り、飽きのこないチャーハンに仕上げるためなのだとか。

アツアツのご飯を入れたら、おたまでかたまりをつぶすように炒めていきます。料理酒を入れることでパラパラになりやすいそうですよ。

火加減は画面の左上に常時出ているので、確認しながら作ってみてくださいね。具材を入れて、味付けをしたら完成です!

それにしても、投稿者さんはなぜチャーハンの専門チャンネルにしようと思ったのでしょうか。

投稿者さん

フリーランスとして独立した際「どうせ自宅で毎日昼ごはん食べるなら何かコンテンツを作れないかな?」と考えました。その時、メインでやってるYouTubeチャンネル『なべのだいどころ。』で、特に人気だった『チャーハンコンテンツ』を特化させようと思い始めました。

投稿者さん

当時コロナ禍で男性が料理をする機会も増え、みんな大好きなチャーハンに特化したら興味を持ってくれるのではないかと考えました。

『なべのだいどころ。』では、『少し頑張れば作れるちょっとオシャレな男飯レシピ』を更新している、投稿者さん。

以前GLUGLUでも簡単に作れる3つのレシピを紹介していました。こちらもチェックしてみてくださいね。

お茶漬けの素で作るチャーハン

今回はIHコンロを使用してチャーハンを作っています。

お茶漬けの素でどのようにチャーハンを仕上げるのでしょうか。

卵、アツアツのごはん、料理酒を入れるところまでは、基本のチャーハンの作り方と変わりません。

そこに、お茶漬けの素を投入!お茶漬けの素の中でも梅味がおすすめだといいます。

最後に鮭フレークを追加し、一気に混ぜましょう!想像の2倍くらいおいしいそうですよ。

どんな味わいなのか気になりますね。

これまで試作を含めて100種類ほどチャーハンを作ってきたという投稿者さん。合計200種類のチャーハンを作ることがこのチャンネルの目標だといいます。

納豆キムチチャーハン

最後は「ぶっ飛ぶぐらいウマい」という納豆キムチチャーハンの作り方です。

なんと納豆嫌いの投稿者さんでも、おいしいと思うチャーハンなのだとか。どうやって作るのか気になりますね。

チャーハンがべちゃべちゃになる多くの原因は、米をつぶしすぎていたり、ご飯の量が多かったり、火力が弱すぎたりすることだそうです。

反対に、この3点に気を付けながら作れば、べちゃべちゃのチャーハンになりにくいでしょう。

下味をつけたら、タレを入れて軽くかき混ぜた納豆と、キムチを入れて、ソースまたは醤油を加えます。

すべてを軽く和えたら完成です!納豆嫌いの人も食べてみてくださいね。

最後に、投稿者さんにチャーハンを作る時に一番大切にすることを聞いてみました。

投稿者さん

「火力やスピード!」ってよくいわれますが、自宅の火力やIHでもコツをつかめば誰でもおいしく作れます!

そして、最初はうまくいかなくても、少しずつ手際がよくなっておいしく作れるようになっていくのを楽しむことが、私がYouTubeの発信で伝えていきたい一番大切にしていることです。

チャーハンを作りたい時は、『チャーハン道場』のことを思い出して持ち合わせの具材と相談しながら、おいしい一品を作り上げてくださいね。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

チャーハン道場

チャーハン道場

  • チャンネル登録者数:2万9100人
  • 再生回数: 1651万5824回

この記事をシェアする