飛行機に乗るともらえるANAのドリンクサービス CAたちはどうやって準備しているの?

旅行・おでかけ By - GLUGLU編集部 更新:

機内で、さまざまなサービスをしてくれる客室乗務員(以下、CA)。

しかし、具体的にどのような仕事をしているか知らないのではないでしょうか。

飛行機は離陸後、安定するとシートベルト着用サインが消灯します。その間は、シートベルトを外し、トイレに行くなどができますよね。

航空会社『全日空(以下、ANA)』では、着用サインが消灯している間に、CAたちがドリンクサービスを行っています。

ANAのYouTubeチャンネル『BLUE SKY NEWS』では、シートベルト着用サインが消灯してからのCAの仕事に密着した動画を公開。

ドリンクサービスが届くまでなど、普段飛行機に乗っているだけでは知らないことを発見できるでしょう!

シートベルト着用サイン消灯後、CAたちは…?

動画はこちら

動画では、東京と北海道を結ぶ往復路線便のCAに密着しています。

シートベルトの着用サインが消えた後、普通席では、ドリンクサービスの準備を行っていました。

シートベルト着用サインは、機体が水平になってから消灯することが多いですが、気流の影響などを受けて突然揺れる場合もあります。

CAたちは、ケガなどに気を付けながら準備をしていました。

また、乗客にあわせて、注文が多そうなドリンクはあらかじめ多めに用意することもあるそうです。

ドリンクを入れているカートは、バランスが崩れないように、一番下に重いもの、一番上に軽いものなどを入れているといいます。

飛行機に乗る時は、カートにも注目してみたいですね!

プレミアムクラスでは、食事やスナックを用意。密着した便では朝食を用意していました。

帰りの便では、主に『チーフパーサー』と呼ばれるCAたちをまとめる責任者に密着しています。

気になる人は、動画の最後までチェックしてみてくださいね。

以下の記事では、乗客が搭乗する前にCAが行っていることを紹介していますよ。豆知識を知れば、飛行機に乗るのが楽しくなることでしょう!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

ANA公式YouTube

ANA公式YouTube

  • チャンネル登録者数:25万7000人
  • 再生回数: 4939万8479回
関連ワード
全日空(ANA)飛行機

この記事をシェアする