捨てるなんてもったいない! 不要になった『保冷剤』の意外な活用法に驚き

ライフハック By - GLUGLU編集部 更新:

植木鉢に水やりする写真
※写真はイメージ

暑い夏に特にお世話になった、保冷剤。お弁当に添えたり、買い物をした時に入れてもらったり、冷凍庫に溜まっている人も多いかもしれません。

ところで、不要になった保冷剤をあなたはどうしていますか。『くらしのマーケット』の公式YouTubeチャンネルでは、保冷剤の捨て方や、意外な活用法について紹介しています。

動画はこちら

いらなくなった保冷剤、どうする?

保冷剤を処分する時、中身出して水道に流していないでしょうか。それはNGです。

保冷剤には『高吸水性ポリマー』が含まれており、キッチンのシンクやトイレに流すと、水分を吸収して膨張し、排水管のつまりの原因になることも。

中身は出さずに、地域のゴミ区分を確認した上でゴミ箱に捨ててくださいね。

しかし、保冷剤は捨てるにはもったいない有効活用法がいろいろあることをご存知でしょうか。

保冷剤の活用法①:トイレの消臭剤や芳香剤に

保冷剤に含まれる『高吸水性ポリマー』は、消臭剤や芳香剤にも使われています。そのため、常温に戻した保冷剤の中身を容器に注ぐだけで、手軽に代用できるのです。

香りを付けたい場合は、香水を数滴垂らしてかき混ぜればOK。消臭効果は2~3週間ほど続きますよ!

保冷剤の活用法②:園芸の保水剤代わりに

保冷剤の中身を花壇にまいておくと、少しずつ土の中に溶け込み、保水材の代わりになるのをご存知でしょうか。

旅行や出張など、長期間家を離れる時に水やりの心配がいらなくて便利ですよ!

また、切り花を生けたり飾ったりする時も、花瓶に保冷剤の中身を入れておけば、水の代わりになって手軽にフラワーアレンジメントが楽しめます。

ほかにも、ろうそくを立ててキャンドルスタンドにしたり、熱湯で温めてカイロ代わりに使ったり…モノを冷やす以外にもたくさん活用方法がある保冷剤。

夏に溜まってしまった保冷剤を捨てる前に、活用してみてはいかがでしょうか。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

くらしのマーケット

くらしのマーケット

  • チャンネル登録者数:2万5400人
  • 再生回数: 2480万5596回
関連ワード
くらしのマーケット

この記事をシェアする