外しくいサンマの骨 簡単に取り除くには? 方法に「ビックリ」「これは便利」

ライフハック By - COLLY 更新:

※写真はイメージ

朝晩がグッと冷え込むようになってきた2023年11月。季節はすっかり秋本番を迎えています。

朝日放送テレビが運営するOnnela(OnnelaTV)のYouTubeチャンネルが紹介しているのは、秋にまつわる意外なライフハックです。サンマの骨をスルッと取り外す方法やかさばりやすい秋服の畳み方など、目からウロコのライフハックを5つ紹介します。

1.サンマの骨を一瞬で取る方法

秋の味覚を代表するサンマは、きれいに食べるのが難しい魚です。食べている最中はもちろん、食べ終わった後のお皿を見て「どうやったらうまく食べられるんだろう」と悩む人もいるのではないでしょうか。

サンマを食べる時は、まずお箸でサンマの身を軽くほぐし、尾びれを引きちぎります。次にエラの部分にお箸を入れ、頭をゆっくり引っ張りましょう。これで簡単に身と骨を分けられます。

2.お店に負けない焼きイモの作り方

お店で買う焼きイモはおいしいのに、家で作ると「なんか物足りない」と感じることはありませんか。ちょっとした工夫をすれば、売られている焼きイモに負けないホクホクの焼きイモが作れます。

サツマイモの皮を部分的に剥き、塩水に1時間ほど漬けましょう。濡らしたキッチンペーパーでサツマイモを包み、さらにアルミホイルで包みます。トースターで20分ほど焼けば、甘みの増したおいしい焼きイモの完成です。

3.カボチャを簡単に切る方法

皮の硬いカボチャは、丸々の状態だと包丁を入れるのも大変です。力任せに切ろうとすると、ケガをしてしまうこともあります。

カボチャを切る時は、まず包丁でヘタをくり抜き、そこに菜箸を差し込んでカボチャの中心に穴を開けましょう。あとは、ヘタを中心に左右へ包丁を入れていくだけです。

4.種のある柿の切り方

種のある柿は、切る時に種が当たって切りづらいと感じることがあります。そのような時は、柿の底に十字の切り込みを入れてみましょう。

柿の底からヘタまで十字の切り込みを入れたら、切り込みに沿って手で割ります。あとは、種を取って皮を剥けば完成です。もう少し小さくしたい場合は、皮を剥いた後にカットしましょう。

5.秋服の畳み方

秋から冬にかけての服は、厚みがあるので畳むのに苦労します。オールマイティーに役立つパーカーは、フードのしまい方がポイントです。フードを広げてから縫い目に沿って折り畳み、袖は伸ばして折り畳みます。あとは、半分に折り返せば完成です。

ハンガーにかけると肩が伸びてしまうニットカーディガン。カーディガンを広げてから袖の部分をクロスさせるように畳み、中心に向かってさらに折り畳みます。最後に三つ折りにして畳めば完成です。

畳んでしまうと見分けが付きにくくなるタイツは、タグを生かしながら畳みます。タイツを縦半分に折り、ウエスト部分に向かってくるくると巻いていきましょう。履き口をひっくり返すように折り込めば、タグが見えるようになります。

秋に試したいライフハックが盛りだくさん

動画のなかでは、秋に旬を迎える食材の下処理術や保存方法などのお役立ち情報も目白押し。さらに、紅葉気分が味わえる『手作りせっけん』やドングリを使った『即席コマ』といった工作アイディアも多数紹介しています。

動画の内容を参考に、今年はライフハックの秋に挑戦してみてはいかがでしょうか。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

Onnela [オンネラ]

Onnela [オンネラ]

  • チャンネル登録者数:26万2000人
  • 再生回数: 9873万7540回
関連ワード
Onnela

この記事をシェアする