お米の研ぎ方で味は変わるの? 料理研究家が、4つの研ぎ方で比較した結果…

料理・グルメ By - GLUGLU編集部 更新:

YouTubeチャンネル『COCOCOROチャンネル』の写真

「お米って研ぐ意味あるの?」「研ぎ方によって、お米はおいしくなるの?」

みなさんは、このような疑問を感じたことはありませんか。

普段からよく食べているお米だからこそ、意外と気になりますよね。

徹底検証! お米の味は『研ぎ方』で変わるのか…

おいしい料理のレシピや、料理の「なぜ?」を追求して発信する、YouTubeチャンネル『COCOCOROチャンネル』。

同チャンネルでは、飲食店経営者や料理研究家などとしても活動する『クッキングエンターテイナー』の大西哲也さんが、お米の研ぎ方による、味の違いを検証しています。

果たして、研ぎ方によってお米の味は変わるのでしょうか…。

今までいろいろなお米を食べてきたという大西さんは、以下の4つの研ぎ方に分けて検証することにしました。

1.まったく研がない。

2.水で流すだけ。

3.普通に研ぐ。

4.拝み洗い。

『拝み洗い』とは、両手ですり合わせるようにして、お米を洗う方法です。検証には、大西さんのお店で普段から提供しているお米を使用します。

それぞれの方法で研いだお米は、チャック付きの袋に入れ、鍋で炊くことに。同じ条件になるよう、はかりを使い、入れる水も同量に調整しています。

鍋が沸騰したら弱火に切り替え、待つこと20分。果たして気になる結果は…。

検証結果

大西さんは、ディレクターのムロサキさんと一緒に、4種類のお米を食べ比べていきます。

最初に、まったく研がなかったお米を食べ、「少し香りに、ぬかっぽさがある」という大西さん。若干の苦みや雑味も感じられたそうです。

食感はボソボソしていましたが、「文句なく食べられる。正直、思っていたよりもおいしい」という結果に。

一方『水で流すだけ』のお米は、『まったく研がない』ものよりも、食感のモチモチ感がアップして、柔らかくなったそうです。

甘味があり、お米の魅力も残っていると評価し、「問題なくおいしいお米」という評価をしました。水でサッと洗い、軽く汚れを落とすことが大事なのかもしれませんね。

残り2パターンのお米の評価、そしてどの研ぎ方が一番おいしかったのかは、ぜひ動画で確認してみてください!

【ネットの声】

・お米1つだけでも、かなり深いですね…。参考になります。

・長年ずっと疑問に思っていたことを、解消してくれてありがとうございます!

・洗い方だけで、こんなにも違いが出るとは思わなかった!

好みの違いはありますが、家でお米をよりおいしく食べるためにも、研ぎ方は大切なようです。

あなたも一度、研ぎ方による味の違いを、食べ比べてみてはいかがでしょうか!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

COCOCOROチャンネル

COCOCOROチャンネル

  • チャンネル登録者数:47万7000人
  • 再生回数: 1億2306万7357回
関連ワード
COCOCOROチャンネル検証企画

この記事をシェアする