「水の違いでコーヒーの味は変わる?」 UCCが軟水や硬水で比較した結果がこちら!

料理・グルメ By - GLUGLU編集部 更新:

YouTubeチャンネル『UCCコーヒーアカデミー』の村田さんの写真

UCC上島珈琲のYouTubeチャンネル『UCCコーヒーアカデミー』では、SNSを通して寄せられる身近な疑問について回答しています。

以下の動画では「水の違いで、コーヒーのおいしさは変わりますか?」という質問について、プロが検証。果たして、どんな結果になるのでしょうか。

コーヒーの水を、超軟水から超硬水まで比較した結果

解説してくれるのは、UCCコーヒーアカデミーの村田果穂さんと、アクアソムリエの資格を持つ清水美保さんです。

硬度0の超軟水、硬度20の軟水、硬度300の硬水、硬度1400の超硬水という4つの水を用意し、ハンドドリップでコーヒーを抽出。

同じレシピで、異なる水による味や濃度の違いを検証していきます。

ちなみに、多くの人が普段飲んでいるのは、軟水で作られたコーヒーのようです。味を確かめた村田さんは「いつも通りのおいしい味」と話していました。

続いて、超軟水を試飲した村田さんは「少し酸味がかったような味わいがする」とコメント。一方、硬水で作られたコーヒーは「いつものコーヒーより少し苦みが増したような気がする」という感想を残しています。

そして最後は、超硬水で淹れたコーヒーです。ひと口飲むなり、村田さんは「複雑な味わい」と若干困惑したような表情を見せます。

清水さんいわく、あまりにも多いミネラルが含まれているがゆえに、より苦みが強く、ミネラルを感じやすくなっているのが原因のようです。

動画では、そのほかの水の特徴についても解説しています。

清水さんは「コーヒーの99%を占める水次第で、味も大きく変化します」とコメント。水でこんなにも味に違いが生じるとは驚きですね。

「味の違いを確かめたい」「飲み比べてみたい」という人は、ぜひ試してみてください!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

UCCコーヒーアカデミー

UCCコーヒーアカデミー

  • チャンネル登録者数:2万7300人
  • 再生回数: 315万801回
関連ワード
UCCコーヒーアカデミーコーヒー検証企画

この記事をシェアする