中学生におすすめの10冊がこちら! 「面白そう」「再読したくなる~」

本・書評 By - GLUGLU編集部 更新:

YouTubeチャンネル『やまゆか書房』のやまゆかさんの写真

YouTubeチャンネル『やまゆか書房』では、さまざまな角度から、本にまつわる情報を配信しています。

「趣味として読書を始めてみたい」という人は、お気に入りの1冊に出会えるかもしれませんよ!

2023年に読んだおすすめ本を一挙紹介

こちらの動画では、やまゆかさんが2023年に読んだ本を、1位から20位までのランキング形式で発表しています。

11位~20位は、以下のような順位になりました。

11位:『極楽征夷大将軍』垣根涼介
12位:『香港警察東京分室』月村了衛
13位:『くもをさがす』西加奈子
14位:『闇祓』辻村深月
15位:『迷彩色の男』安堂ホセ
16位:『黄色い家』川上未映子
17位:『エレクトリック』千葉雅也
18位:『うるさいこの音の全部』高瀬隼子
19位:『この世の喜びよ』井戸川射子
20位:『あなたの燃える左手で』朝比奈秋

1作品ごとに、気になるあらすじを紹介しているので、面白そうな本が見つけやすいですよ。

投稿者のやまゆかさんが「新しい発見ができて、新鮮に読書を楽しめた」と評する、10位以内の作品は、ぜひ動画でご確認を!

中学生に読んでほしい10冊の本 大人も楽しめるかも?

続いては、中学生におすすめの本を10冊紹介する動画です。

まずは、やまゆかさんが考えるほっこりするヒューマンドラマというジャンルから2冊。小川糸さんの『ライオンのおやつ』と、瀬尾まいこさんの『そして、バトンは渡された』を紹介していました。

また、結末が気になるミステリーでおすすめしたのは、東川篤哉さんの『謎解きはディナーのあとで』と、結城真一郎さんの『#真相をお話しします』の2冊です。

ほかにも圧巻の世界観が魅力のファンタジー・SF、一度は読むべきエッセイ・自伝、その他のジャンルから、2冊ずつ選んでいます。

それぞれ、どんな作品が選ばれたのでしょうか…。こちらも、動画をチェックしてみてください!

コメント欄には「面白そうな本ばかり」「親子で読んでみる」「これを機に、再読してみようかな?」という声が上がっていました。

中学生だけでなく、幅広い層の人におすすめできそうな本ばかりですよ!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

やまゆか書房

やまゆか書房

  • チャンネル登録者数:3790人
  • 再生回数: 52万611回

この記事をシェアする