当日に勤務するか決まる!? JALのCAの1か月のスケジュールとは

旅行・おでかけ By - GLUGLU編集部 更新:

JALの飛行機の画像

日本航空(以下、JAL)で働く人々の素顔が垣間見えるYouTubeチャンネル『JAL、サブチャンネルはじめました。』。

GLUGLUでは過去に、客室乗務員(以下、CA)の1日のスケジュールを公開した動画を紹介しました。

同動画には「尊敬する」「ハードですね」というコメントが多数寄せられています。

そんなハードな仕事をこなすCAの、1か⽉のスケジュールは、どのように決まるのでしょうか。

JALでCAとして活躍する福成さんが解説しています。

JALのCA、1か月のスケジュールは?

動画はこちら

動画内のホワイトボードに記載されているのが、実際のスケジュールです。

パリや北京、ロンドンなど、さまざまな都市へ向かうフライトに乗務していることが分かりますね。

気になるのが『スタンバイ』という表記。『スタンバイ』とは、欠員が出た際に、急遽フライト乗務を行うために、自宅か空港で準備し待機することです。

スタンバイ時間である午前5時〜10時の間に電話が来て、フライトが入らなければ、勤務終了になるといいます。

福成さんいわく「フライトが入らなければラッキーだが、入った場合はどこにフライトになるか分からない。少しドキドキする」とのこと。

例えばパリへ行く場合、2泊3日を要するため、現地では2日間ほど過ごすことができます。

ただ北京やバンコクなど、比較的短いフライトの場合は、現地での休養時間は少ないそうです。

ちなみに、JALのCAの勤務サイクルは、大体4日働いて2日休みだといいます。

サイクルを踏まえれば、来月のおおよその休日はつかめるのだとか。

そのほか、動画では、福成さんの休日の過ごし方も紹介されていました。

「JALや働く人たちの世界をもっと知りたい!」という人は、ほかの記事もぜひチェックしてみてくださいね!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

JAL、サブチャンネルはじめました。

JAL、サブチャンネルはじめました。

  • チャンネル登録者数:12万3000人
  • 再生回数: 1444万5176回
関連ワード
日本航空(JAL)

この記事をシェアする