この方法だと味が落ちず、雑菌も増えにくい! そんなトマトの保存方法とは

料理・グルメ By - GLUGLU編集部 更新:

夏が旬のトマト。夏に家庭菜園で育てていたトマトを収穫する人も多いでしょう。

食べる機会が多いトマトですが、正しい保存方法を知っていますか。

ヘタを付けたまま保存している人は、動画を見たらタメになること間違いなし!

きっと今度トマトを買ったり、収穫したりしたら「保存方法を変えよう」と思うでしょう。

トマトの保存方法を紹介したのは、料理家で、料理教室を主宰しているBonちゃん先生のYouTubeチャンネル『料理教室のBonちゃん』です。

トマトの正しい保存方法

トマトのヘタを付けたまま保存すると、ヘタに栄養が取られて味が落ちてしまうといいます。

また、ヘタの周りには雑菌がたくさん付いているため、取って保存するのがベストだとか。

ヘタを取ったらよく洗って、ヘタが付いていた部分を下にして保存しましょう。

大きなトマトもミニトマトも同じようにヘタを取って保存してくださいね。

ヘタの反対の「お尻」といわれている部分のほうが熟しやすく、甘みや水分が含まれているそうです。

そのためヘタを下側に、お尻を上側して保存すると長持ちするといいます。

また、甘くないトマトは簡単にできる『はちみつマリネ』にするといいのだとか。

酢、はちみつ、油、塩コショウ、お好みのハーブを入れた瓶に半分に切ったトマトを詰めるだけで完成しますよ!

もっと料理のライフハックを知りたい人は、こちらからチェックしてみてくださいね。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

料理教室のBonちゃん

料理教室のBonちゃん

  • チャンネル登録者数:20万6000人
  • 再生回数: 1844万3894回
関連ワード
料理教室のBonちゃん

この記事をシェアする