カビらせず、おいしさを保つには? 料理研究家が教える『ミカンの保存方法』がためになる

ライフハック By - GLUGLU編集部 更新:

YouTubeチャンネル『島本美由紀のラク家事CH』のみかんの写真

みずみずしく、すっきりとした甘さが特徴で、子供にも人気な果物、ミカン。

しかし、箱や袋に入ったままの状態にしておくと、ミカンの重さでかさなっている部分がつぶれ、傷んでしまうことも…。

料理研究家が教える、正しいミカンの保存方法とは

食材の保存テクニックや、家事がラクになるアイディアを発信している、YouTubeチャンネル『島本美由紀のラク家事CH』。

投稿者である、料理研究家の島本美由紀さんは、ミカンがつぶれたり、カビが生えたりしないようにする保存方法を紹介しています。

ちょっとしたコツで、おいしさが長持ちできるので、一緒に確認してみましょう!

ミカンの保存は、冬場であれば常温でOK。暖房がきいた部屋ではなく、廊下や玄関などの涼しい場所で保存してくださいね。

島本さんいわく、「ミカンは湿気に弱く、重さが加わることで傷み、カビが生えてしまう」といいます。

湿っているダンボールに入ったミカンを購入した時は、一度ミカンを取り出し、ダンボールを乾かします。

乾いたダンボールの中に新聞紙を敷き、ヘタを下にしてミカンを並べてください。ヘタが一番硬いため、重さによるダメージから守ってくれるのだとか。

その上に、くしゃくしゃにした新聞紙を入れ、その上からミカンを置きます。新聞紙が湿気を吸収してくれるだけでなく、くしゃくしゃした形により、ミカンに重さが加わりにくくなりますよ。

また、カゴやザルに入れて保存する時は、新聞紙の代わりにキッチンペーパーを間に挟みます。下のミカンに負荷がかかるのを防ぐため、重ねるのは2段までにしてください。

常温での保存期間は2週間ほどですが、なるべくおいしいうちに、早めに食べましょう。

後半では、冷蔵保存のやり方や、おいしく食べるコツも紹介していますよ。気になる人はチェックしてみてください!

動画を見た人からは、「参考になりました」「すぐにやってみます!」などのコメントが寄せられていました。

食材を無駄にしないためにも、同チャンネルの動画を見て、食材の正しい保存方法を覚えておきたいですね。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

島本美由紀のラク家事CH

島本美由紀のラク家事CH

  • チャンネル登録者数:1万4800人
  • 再生回数: 245万2481回
関連ワード
島本美由紀のラク家事CH

この記事をシェアする