卵をドアポケットに入れ替えていませんか? 料理研究家が教える、正しい保存方法は…

ライフハック By - GLUGLU編集部 更新:

YouTubeチャンネル『島本美由紀のラク家事CH』の写真

栄養満点で、和食や洋食など、どんな料理にも大活躍する卵。

パックから取り出し、冷蔵庫のドアポケットに入れて、保存している人も多いのではないでしょうか。

料理研究家が教える、卵の正しい保存方法とは

食材の保存テクニックや、家事がラクになるアイディアを発信している、YouTubeチャンネル『島本美由紀のラク家事CH』。

同チャンネルでは、料理研究家の島本美由紀さんが、卵の正しい保存方法を紹介していますよ。

ちょっとしたコツで、卵のおいしさが長持ちするので、一緒に確認してみましょう。

卵は冷蔵室に入れておけば、2週間ほどもつそうです。

この時、卵の尖ったほうを下にするのがポイント。卵の丸いほうには、空気の入った空間があり、尖ったほうを下にすると長持ちするといいます。

卵は振動でひびが入りやすく、殻には菌が付いていることもあるため、ドアポケットに入れ替えるのはおすすめしないとのこと。

そのため、パックに入れた状態で冷蔵室に置くようにしましょう。

島本さんいわく、卵は冷凍も便利なのだとか。冷凍保存する時は、ラップで1つずつ包み、冷凍可能な保存袋に入れてくださいね。

保存期間は約1か月。解凍して卵かけご飯にするとおいしいのだそう。

ちなみに、スーパーマーケットなどで、白いものと茶色のものといった、色が異なる卵を見たことはありませんか。

実はこの2つ、中身に違いはなく、味や栄養価は同じなのだそうです。

茶色の卵のほうが価格が高いのは、白い卵を産む鶏よりも、茶色い卵を産む鶏のほうが大食いで、飼育コストがかかるためだといいます。中身に変わりがないのは驚きですね。

卵を保管する時は、向きを気にしてみてはいかがでしょうか。丸いほうではなく、尖ったほうが下ですよ!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

島本美由紀のラク家事CH

島本美由紀のラク家事CH

  • チャンネル登録者数:1万5300人
  • 再生回数: 257万1443回
関連ワード
島本美由紀のラク家事CH

この記事をシェアする