焼き肉とBBQは1人前のお肉の適正量が違う!? 精肉店店長が公開した貴重な一覧表が役立つ

料理・グルメ By - GLUGLU編集部 更新:

YouTubeチャンネル『街の小さなお肉屋さん』の写真

買い物に行って、1人分のお肉の量がどのくらいかすぐに分かりますか。

料理によって、使う肉の量も変わるので「このぐらいかな~」と感覚に頼って買っている人も多いでしょう。

肉を量り売りしているスーパーマーケットもあり、量に困った経験があるかもしれません。

1人前の肉の量ってどのくらいが適正?

YouTubeチャンネル『街の小さなお肉屋さん』では、精肉店の店長・宮崎さんが肉の適量を紹介。

動画内では、適正量一覧がボードに書かれて登場しますよ。メモの準備をしてご覧ください!

大きいパックと小さいパックで肉の入れ方が異なると、同じ量が入っていても差があるように見えます。

そのため、宮崎さんは見た目に惑わされず適正な量を覚えることをおすすめしていました。

スマホで動画を見ている人は、適正量の目安をスクリーンショットで撮って保存しておくと便利だといいます。

購入の目安は、すべて大人1人分の量。ハンバーグは100gほどで、すき焼きやしゃぶしゃぶは200g買っておけば間違いないそうです。

また、煮物は100g入れると少し多いぐらいですが、例えば肉じゃがを今晩のメインにする時はちょうどいいとのこと。

からあげは、メインで食べる時は200g、からあげ以外にも料理がある時は100gが適量なのだとか。

焼き肉は大人1人は200gですが、外で食べるバーベキューになると250~300gが適量に変わると話していました。

精肉店では、店員に相談しながら購入することができます。そのため、宮崎さんも客から相談されることが多い様子。

きっと同じように悩んでいる人がたくさんいるのでしょう。

目安の量が分かれば、買いすぎたり、足りなかったりすることがなくなりそうです。

肉を買う時や、大量に買って小分けにする時の目安にしてみてくださいね。

肉の違いについては、こちらの記事で紹介しているのでチェックしてみてはいかがでしょうか!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

街の小さなお肉屋さん

街の小さなお肉屋さん

  • チャンネル登録者数:1万4500人
  • 再生回数: 284万5733回
関連ワード
街の小さなお肉屋さん

この記事をシェアする