肉好き必見! 精肉店店長が解説する『すき焼き用肉』 と『しゃぶしゃぶ用肉』の違い

料理・グルメ By - GLUGLU編集部 更新:

YouTubeチャンネル『街の小さなお肉屋さん』の写真

京都府宇治市に本店を構えている、精肉店『肉のモリタ屋』。

YouTubeチャンネル『街の小さなお肉屋さん』では、肉にまつわる情報を店長の宮崎さんが発信しています。

すき焼き用と、しゃぶしゃぶ用の肉は何が違う?

スーパーマーケットなどで肉を買おうとすると、パックに『すき焼き用』『しゃぶしゃぶ用』と書かれているのを見たことがある人もいるでしょう。

すき焼き用としゃぶしゃぶ用の肉は、どこが違うのか考えたことはありますか。

「こっちのほうが安いんだけど…」と、買う肉を悩んだことのある人もいるかもしれません。

こちらの動画で宮崎さんが、2つの肉の違いについて解説しています。

動画の最初に、答えが出ていますが、最後まで見れば違いがもっと分かりますよ。

「すき焼き用の肉と、しゃぶしゃぶ用の肉は何が違う?」という疑問に、「しゃぶしゃぶ用の肉のほうが薄い」と、動画開始8秒で解決…!

ですが、その後にちゃんと説明がありました。

 それぞれの厚さを比べてみると、しゃぶしゃぶ用の肉は、すき焼き用の肉の半分ぐらい厚さです。

重さを計ってみると、同じ3枚でもすき焼きは188g、しゃぶしゃぶ用は128gと、違いが明確に。

しゃぶしゃぶ用の肉が薄いのは、火の通りが早いからだといいます。

薄い肉ですき焼きをすると、鍋にくっつきやすくなり、火力が強いとこま切れ肉のようになってしまうのだとか。

また、すき焼きは味付けをして食べるので、「肉が薄いと味を感じられなくなる」と話していました。

しかし、宮崎さんは「どっちでも大丈夫」だといいます。その理由は、それぞれの肉に特徴があるから。

厚い肉は、より肉の味を感じられ、薄い肉は、柔らかく火の通りが早いという特徴があります。

そのため、味重視の人はすき焼き用の肉で、しゃぶしゃぶをしてもいいそうです。

ただ、薄い肉ですき焼きをすると、鍋にくっつきやすいため、「火力を弱くするのがポイント」と話していました。

精肉店で購入する場合は、店の人に「こういう料理に使いたくて…」と相談すれば教えてくれることもあるそうです。

精肉店での肉の買い方や、肉が安い時期について聞いた記事はこちらから読めます。肉をおいしく冷蔵する方法なども聞いているので、一度チェックしてみてくださいね。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

街の小さなお肉屋さん

街の小さなお肉屋さん

  • チャンネル登録者数:1万4500人
  • 再生回数: 284万5733回
関連ワード
街の小さなお肉屋さん

この記事をシェアする