市販のたくあんよりおいしく作る!? 切って漬けるだけでほぼOKなレシピとは

料理・グルメ By - GLUGLU編集部 更新:

YouTubeチャンネル『プラントベースゴハン』の動画サムネイル

スーパーマーケットで手に入る定番野菜の1つ、大根。

冷蔵庫に入れておけば、1~2週間ほど保存ができるので、常備している人もいるのではないでしょうか。

ただ、1本のサイズが大きいので、使い道に困ってしまうことも…。

特売日でつい買いすぎて、大根を余らせてしまった人は、こちらのおかずレシピがオススメですよ!

プラバッグで簡単!大根の『たくあん漬け』

レシピを紹介するのは、YouTubeチャンネル『プラントベースゴハン』の、リエさん。

とっても簡単で、ダイエットや便秘にもオススメな『絶品たくあん』を作ります。

味がしっかりと染み渡り、歯ごたえも抜群な一品を食べたら、もう市販のものには戻れなくなる…かもしれません!早速、見ていきましょう。

まず、大根の葉をカットしてから、ブラシでゴシゴシと水洗いをします。

水洗いの後、包丁で半分にカットしたら、上半分を4等分に切りましょう。下半分は、形に応じて、切る大きさを半分にしてもOK。

ファスナー付きのプラスチックバッグを用意し、切った大根を入れます。プラスチックバッグに、塩、きび砂糖、酢を加えたら、次は柚子の出番!

柚子の皮を包丁でそぎ落とすようにカットしたら、集めて千切りにした後、プラスチックバッグに入れます。

残った果肉の部分は半分に切って、爪楊枝で種を取り除き、プラスチックバッグに果汁をしぼり出しましょう。

昆布をひとかけ入れたら、プラスチックバッグのファスナーを閉めて、全体がよく混ざり合うように手で揉みます。袋の中の空気は、時々抜いてくださいね。

準備ができたら、プラスチックバッグを二重にしましょう。リエさんによると、漬けている間に大根から出た水分が、漏れてしまうことがあるからだとか。

大根の入ったプラスチックバッグを皿で挟み、重石として、水を入れた2ℓペットボトルを乗せます。

室温に置き、1日ごとに裏返します。これを3日繰り返せば、『たくあん漬け』の完成!プラスチックバッグから取り出して、食べやすい大きさにカットしてください。

調理工程がシンプルで、プラスチックバッグがあれば作れるので簡単ですね。

動画では、調味料などの詳しい分量や、リエさんのワンポイントアドバイスに加えて、切り落とした大根の葉を使った『万能ふりかけ』のレシピも見ることができます。

冷蔵庫に入れておけば、いつでも活躍できる常備菜!みなさんも一度、試してみてはいかがでしょうか。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

プラントベースゴハン

プラントベースゴハン

  • チャンネル登録者数:9万2800人
  • 再生回数: 1142万9430回

この記事をシェアする