大根を切って漬けるだけ! 簡単レシピに「ポリポリ食感がヤバい」「ごはんのお供に最高」

料理・グルメ By - GLUGLU編集部 更新:

YouTubeチャンネル『プラントベースゴハン』の動画サムネイル

突然ですが、みなさんの家に大根は余っていませんか。

もしも使い道に困っていたら、思い切って漬物にしてみましょう。

YouTubeチャンネル『プラントベースゴハン』で公開されているレシピをご紹介します。

切って漬けるだけ!簡単『ゆず大根』レシピ

動画で紹介されているレシピでは、大根と柚子を掛け合わせた漬物を作ります。

どちらも栄養たっぷりで、お肌のケアやダイエットにもおすすめなのだとか。それでは早速、見ていきましょう。

大根をゴシゴシと水洗いして、水気を切ったら、大根の葉と先端をカット。

続いて、大根を2つに切ったら、上半分を輪切りにします。厚さは4cmほどでOKです。

味をよく染み込ませるため、少し厚めに皮をむき、四角柱の形にする拍子木切りにしましょう。

切った大根をボウルに入れ、塩を加えたら、手でよく揉みます。30分ほど置いておくと水分が出てくるので、ザルに入れて水切りをしてください。

水洗いで塩を取ったら、キッチンペーパーで水気を切って、ファスナー付きのプラスチックバッグ(以下、プラバッグ)に入れます。

次に、酢、きび砂糖をプラバッグに投入。大根の色を白いままにしたい人は、きび砂糖ではなく普通の砂糖でも代用できますよ。

続いて、柚子を1個用意したら、まな板の上でよく転がします。こうすることで、果汁を絞りやすくなるのだとか。

柚子の皮をむいて細かくカットし、果肉のヘタを取ったら準備完了。皮をプラバッグに入れたら、茶こしを使って、柚子の果汁を加えます。

昆布の表面を、水で濡らしたキッチンペーパーで拭き、ハサミで細かくカットしてからプラバッグに入れましょう。お好みで、赤唐辛子を加えてもいいそうですよ。

プラバッグのファスナーを閉めたら手で揉んで、袋の中の空気を抜きながら、味を馴染ませていきます。

よく揉んだら、皿の上に乗せ、冷蔵庫で3時間ほど寝かせたら完成!袋を開けた瞬間、柚子の香りがふわっと広がるのだといいます。

冷蔵庫で保存する時は、プラバッグに入れっぱなしでも、タッパーに移し替えてもOK。

また、寝かせれば寝かせるほど味が染み込んで、浅漬けよりもおいしくなるそうですよ。

動画では、調味料などの詳しい分量を解説しているほか、果汁を絞った後の柚子の果肉で調味料も作っています。みなさんも一度、試してみてはいかがでしょうか!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

プラントベースゴハン

プラントベースゴハン

  • チャンネル登録者数:12万6000人
  • 再生回数: 1436万5611回
関連ワード
プラントベースゴハン

この記事をシェアする