「発想がすごい」「なるほど」 75歳ばあばの特製弁当を今すぐマネしたい!

料理・グルメ By - GLUGLU編集部 更新:

YouTubeチャンネル『料理好きばあば』の写真

突然ですが、YouTubeチャンネル『料理好きばあば』を知っていますか。

元栄養士の75歳の女性・ばあばが、さまざまな料理のレシピを紹介しているYouTubeチャンネルです。

以前GLUGLUでは、ばあばの特製弁当の作り方を紹介しました。

ばあばの豪快なおかずの詰め方も飛び出した、特製弁当の動画は2024年2月15日現在、約65万回以上再生されています。

今回は、その第二弾として、以前とはまた違った、ばあばの特製弁当を見ることができますよ!

まず、ばあばが作ったのは『ワンタン揚げ』

ワンタンの皮に鶏団子のタネを絞り、小麦粉を水で溶いた液でのり付けをします。

ばあばは、鶏団子のほかに、ソーセージや柔らかくしたサツマイモを、ワンタンのタネとして入れていました。

皮で包んだら、180℃の油で揚げます。揚げる時はのり付けした部分を下にするといいそうですよ!

柔らかくしたサツマイモは、『スイートポテトサラダ』にも使っていました。

「サツマイモは甘いので、サラダにするとおいしいですよ」と話す、ばあば。ゆで卵と合わせ、マヨネーズとこしょうを入れて混ぜれば『スイートポテトサラダ』の完成です。

ほかには、『ほうれん草卵』も作っていました。

ほうれん草は一度にゆで、キッチンペーパーで包みラップをして冷凍しておくと便利です。溶き卵に、塩、こしょう、ほうれん草を入れて、ほぐしながら炒めます。

溶き卵とほうれん草を混ぜておくことで、時短にもなりますね!

お弁当にご飯を入れる時の裏ワザ

ばあばのお弁当は、ご飯の間におかずが挟まる『段々弁当』。

まずは、ご飯の下に海苔を入れます。海苔は、おろし金で穴を開けることによって、空気が入ってお弁当箱にくっつかないのだとか。また、箸で切れるので食べやすくなるといいます。

海苔の上にご飯をのせたら、解凍していた鮭を入れ、さらにその上からご飯をのせて挟んでいました。

「喜んでもらえるような弁当を作りたいと思っています」と話す、ばあば。

娘さんは「ばあばは、昔から『お弁当を楽しんでもらいたい!』という気持ちだったんだなと改めて思いました」と話します。

当時は、「から揚げ、ウインナー、コロッケ、生姜焼き、肉団子など、ほぼ茶色のおかずが豪華でご飯が足りないぐらいでした(笑)」と振り返る娘さん。

ばあばは、娘さんがお腹いっぱいになるように、お弁当にたくさんおかずを詰め込んでいたのでしょうね。

【ネットの声】

・アイディアに「なるほど!」と思いました。ばあばの発想がすごい!

・ばあばのお弁当がとても勉強になりました。おかずを冷凍にしてうまく活用したい。

・海苔の裏ワザがすごい。おいしいだけでなく、家計も考えられた創作力に感心する。

ばあばの知恵袋がたくさん詰まった特製弁当。

お弁当を作る時は、ばあばのアイディアをマネしてみてはいかがでしょうか!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

料理好きばあば

料理好きばあば

  • チャンネル登録者数:5万4300人
  • 再生回数: 644万2042回
関連ワード
料理好きばあば

この記事をシェアする