上沼恵美子ののり弁が参考になる! おかかに入れたのは…あの酸っぱい材料

料理・グルメ By - GLUGLU編集部 更新:

上沼恵美子さん

弁当の販売店や、コンビニエンスストアで売られている、海苔弁。

弁当の種類を考えた時に、真っ先に思い付くのが、海苔弁という人もいるでしょう。

海苔弁のおかずといえば、焼き鮭や磯部揚げですよね。

タレントの上沼恵美子さんは、かつてお笑いコンビ『海原千里・万里』を組んでいた実の姉・芦川百々子さんとともに、海苔弁作りに挑戦。

YouTubeチャンネル『上沼恵美子ちゃんねる』で、その様子を配信しています。

上沼恵美子流!のり弁には、アレを入れるとウマい

上沼さんは、海苔弁に、焼き鮭、玉子焼き、磯部揚げ、ウィンナーを入れるそうです。

「卵はあま~く焼きたいねん」「どないしたんと思うほど甘く焼きます」と、甘い玉子焼きを作ると宣言した、上沼さん。

卵を3つ割り混ぜたら、砂糖をスプーン山盛りに入れます。上沼さんは「色を付けたくないので塩を入れる」と、塩も少し追加。

焦げないように火から離しながら、玉子焼きを作っていました。

玉子焼きの写真

※写真はイメージ

続いて作るのは、ちくわの磯部揚げ。

待てない性格の上沼さんは、油が温まる前に、ちくわを投入してしまいます。

しかし、芦川さんは「そのうち、グツグツいい出すから大丈夫」と、上沼さんをフォローしていました。

また、すでに切れ目が入っていて火を入れるだけで、タコさんウィンナーができる商品も使ってみます。

「そんなんがあるんや」と、興味津々の2人は、火を入れると見事タコさんウィンナーができて、喜んでいました。

海苔弁といえば、海苔と、おかか。

「おかかは、甘くなるのが嫌や。梅を入れたいねん」とゴマ、かつお節、梅、醤油を混ぜたおかかを作っていました。

また、海苔は小さくちぎって入れると、箸で切る必要がなく食べやすいのだとか。

最後に、塩でゆでた、きぬさやを追加して完成です!

できたお弁当を持って、外で食べるようですが…。最後のオチにも、ご注目ください!

動画はこちら

【ネットの声】

・お姉さんの合いの手が安心する。なんでも褒めてくれて、癒される会話。

・最後のオチが最高です!姉妹の掛け合いが最高。

・海苔弁おいしそう!おかかに梅を入れるのはいいですね。

・お弁当のネタ切れだったけど、参考にします!彩りが豊かで美しい。

上沼さんは、ほかにも手料理のレシピを紹介しているので、参考にしてみてくださいね!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

上沼恵美子ちゃんねる

上沼恵美子ちゃんねる

  • チャンネル登録者数:48万2000人
  • 再生回数: 5666万4233回
関連ワード
上沼恵美子

この記事をシェアする