「なぜ教えてくれるんだ…!」「これマジで好き」 大戸屋が『あのレシピ』を公開しただと!?

料理・グルメ By - GLUGLU編集部 更新:

鶏肉をフライパンで焼きつける写真
※写真はイメージ

身体も心もほっとする、家庭的なメニューが豊富な外食チェーン店『大戸屋ごはん処』(以下、『大戸屋』)。一人暮らしの学生やサラリーマン、家族連れなど、幅広い層から愛されるお店ですよね。

メニューの中でも、『鶏と野菜の黒酢あん』は不動の人気で、「絶対にこれを頼む!」という人も多いかもしれません。

『大戸屋』の公式YouTubeチャンネルでは、なんと『鶏と野菜の黒酢あん』を家でも再現できるレシピを公開していますよ!

レンコンやニンジンなどの根菜、鶏肉など、具材がたっぷり入った『鶏と野菜の黒酢あん』。早速作り方をチェックしてみましょう。

大戸屋直伝!『鶏と野菜の黒酢あん』の作り方

『大戸屋』の『鶏と野菜の黒酢あん』が大好物の筆者。早速動画を参考に作ってみることにしました!

まず、カットした鶏もも肉をボウルに入れ、ショウガ汁や醤油など下味の材料を揉み込みます。時々上下を返しながら、15~20分程度置きましょう。

ニンジンとジャガイモをカットする写真

その間に、野菜を下ごしらえしていきますよ。ナスはひと口大の乱切りにしたら、水にさらしてアクを取ります。

ジャガイモは皮付きのまま8等分にカット。ニンジンもひと口大の乱切り、レンコンは5㎜幅の輪切りにします。

タマネギは縦半分に切り、さらに長さを半分にカットし、ヘタとスジを取ったサヤインゲンは4~5㎝幅に切りましょう。

耐熱皿に、火が通りにくいニンジンやジャガイモを重ならないように並べ、電子レンジで加熱したら、ほかの野菜も加えてさらに加熱。電子レンジで下処理ができるのは手軽で嬉しいですよね!

合わせ調味料を作る写真

別のボウルに黒酢やりんご酢などの調味料を加えてから混ぜ、味の決め手となる『黒酢あん』を下準備。

フライパンに油をひき、ナスを入れてしばらく炒めたら、サヤインゲン以外の野菜を加えて、全体に軽く焼き色が付いたら取り出します。

鶏肉をフライパンで焼く写真

下味を付けておいた鶏もも肉に片栗粉をまぶし、油をひいたフライパンで上下を返しながら焦げないように焼いていきましょう。揚げずに焼き付ければOKというのも、手軽かつヘルシーで助かりますよね。

鶏肉を取り出したフライパンで、黒酢あんを煮詰めましょう。とろみが付いてひと煮たちしたら、具材を戻し、手早くあんを絡めて完成!

『鶏と野菜の黒酢あん』の写真

食べてみると、甘酸っぱいタレがまさにあの味!『大戸屋』の『鶏と野菜の黒酢あん』が家で食べられるなんて最高ではないでしょうか。

動画のレシピでは、野菜を電子レンジで加熱して調理していますが、多めの油で炒めたり、素揚げしたりするとよりお店の味に近くなるかもしれません。

野菜によって火の通る時間を調整してあるので、シャキシャキのレンコンや、ほっくりしたジャガイモなど、野菜それぞれの食感を楽しめました。

レンコンやニンジンなど野菜がたっぷりで、身体にも優しくヘルシーなレシピです。早速試してみてくださいね!詳しい作り方や分量は、動画を参考にしてください。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

大戸屋ごはん処【公式チャンネル】

大戸屋ごはん処【公式チャンネル】

  • チャンネル登録者数:1万7900人
  • 再生回数: 72万4926回
関連ワード
ジャガイモナスニンジン

この記事をシェアする