「なるほど!」「初めて見た」 ロバート馬場が教える究極の目玉焼きを作るコツとは

料理・グルメ By - GLUGLU編集部 更新:

卵の写真
※写真はイメージ

「味よし、香りよし、時短です」

そう語るのは、お笑いトリオ『ロバート』の馬場裕之さん。

自身のYouTubeチャンネル『馬場ごはん〈ロバート〉Baba’s Kitchen』では、得意の料理を披露しています。

GLUGLUでも、たびたび馬場さんが教えるレシピを紹介してきました。

今回馬場さんが紹介したのは『目玉ペペパン』。なんと「究極の目玉焼きを作る」といいます。

朝食など軽い食事におすすめだというのですが、いったいどういう料理ができ上がるのでしょうか。

ロバート馬場おすすめの『目玉ペペパン』とは

まずはニンニクを切ります。包丁の腹でつぶすと簡単に皮が剥けるそうですよ!

芽は、フライパンで加熱した際に焦げやすくなるので取り除いていました。

ニンニクをつぶす写真

※写真はイメージ

ニンニクは、お好みの大きさにスライスしておきましょう。

いつもニンニクはチューブタイプのものを使っている人もいるかもしれません。

馬場さんは、「ニンニクチューブだと水分が多くて弾けてしまうので、できればフレッシュなものを使ったほうがおいしい」と、生のニンニクをおすすめしていました。

火にかける前のフライパンに、種を取った鷹の爪と、スライスしたニンニクを加え、オリーブオイルをかけます。

この材料でピンと来た人はいるでしょうか。『目玉ペペパン』の『ペペ』はペペロンチーノだったのですね!

バゲットを目玉焼きが乗るぐらいのサイズに切りましょう。バゲットの代わりに、食パンでもいいそうですよ。

究極の目玉焼きの作り方

ここで、究極の目玉焼きを作る時のひと手間を紹介。

卵はざるの上に割り、余分な水分を取るといいそうです。水分を取ることで、焼くときれいな目玉焼きができるのだとか!

具材を入れたフライパンを、中火で温めます。しっかりとニンニクに火が入り始めたら、目玉焼きを作りましょう。

焼いたニンニクを端によけ、空いたスペースで卵を焼きます。

パンは、ニンニクの上で焼きますよ!ニンニクがきつね色になったら、パンと一緒に取り出しておきましょう。

卵に塩コショウを振ってパンの上に乗せたら、フライパンに余ったオイルも上からかけて、完成です!

【ネットの声】

・「なるほど」と思うひと手間!キレイな目玉焼きですね。

・水を切るのは初めて見た。早速明日から作ってみる。

・シンプルなレシピで優勝!料理初心者でも作れそう。

究極の目玉焼きの作り方は、『目玉ペペパン』を作る時以外にも生かせそうですね。

軽食を作る時は、この『目玉ペペパン』を試してみてはいかがでしょうか!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

馬場ごはん〈ロバート〉Baba's Kitchen

馬場ごはん〈ロバート〉Baba's Kitchen

  • チャンネル登録者数:123万人
  • 再生回数: 1億598万8800回
関連ワード
ロバート時短馬場裕之

この記事をシェアする